Navigation

禁断の酒「アブサン」発祥のスイス 隠された蒸留器

アブサンはスイスのフランス語圏、ヌーシャテル州ヴァル・ド・トラヴェールで生まれた。「緑の妖精」と呼ばれ芸術家にも愛されたが、中毒性の強さから、1908~2005年の間アブサンの製造・販売は禁止されていた。50年にわたり企業秘密とされてきた蒸留器の歴史を映像でひもとく。

このコンテンツは 2019/01/24 11:30

(RTS/swissinfo.ch、英語からの翻訳・大野瑠衣子)


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?