Navigation

チューリヒ駅の厨房を覗く

チューリヒ中央駅の地下の一角には大手ケータリング会社の厨房が隠れており、毎年、パスタ18トン、ソーセージ50万本、サンドイッチ70万個、スイーツ10万個以上を出荷している。

このコンテンツは 2012/07/19 11:00

カドリアン一族がチューリヒ中央駅で、列車乗客用のレストラン「バーンホフ・ビュッフェ(Bahnhof Buffet)」を開いたのが、1等車、2等車だけでなく、3等車もあった1923年。今では、チューリヒ中央駅の地下から幅広いサービスを提供する大手ケータリング会社に成長した。1950年代には、飲食会社としてはヨーロッパでも指折りの大企業に数えられていた。現在、カドリアン・ケータリング(Cadrian Catering)社は、テイクアウトから5つ星ホテルまで、あるいは伝統的なレストランからフランチャイズレストランまで、幅広く経営している。

(音声:英語、トーマス・ケルン、ダニエル・ヴィーラー、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?