Navigation

赤ちゃんチーター2頭が一般公開

Zoo Basel
このコンテンツは 2017/10/12 08:24

バーゼル動物園で生まれた生後3カ月のチーターの赤ちゃん2頭が一般公開された。メスのオニシャ(Onysha)とオスのオプウォ(Opuwo)が、母親のノヴィと一緒にかわいらしい姿を来場者にお披露目した。

2頭は7月18日生まれ。これまでは屋内の飼育部屋で暮らしていた。

チーターの繁殖はとても難しい。バーゼル動物園の飼育係は、オスとメスを色々な場所に移動させて互いのにおいをかがせる。メスがオスに興味を示したら、すぐに飼育係がその2頭をペアにし、恋の炎が燃え上がるのを待つ。

バーゼル動物園が初めてチーターを迎え入れたのが1936年。初めて繁殖に成功したのは93年だった。その後、この動物園では29頭のチーターの赤ちゃんが生まれている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?