Navigation

スイス最大級の音楽祭「ブルーボールズ・フェスティバル」開幕

スイス中央のルツェルンで21日、スイス最大級の音楽祭「ブルーボールズ・フェスティバル」が開幕した。第25回目を迎えた今年のハイライトは、ルツェルン・カルチャー・コングレスセンター(KKL)で初日に行われた、ロンドン出身のサム・ヘンシャヴとドイツ出身のクサヴィア・ナイドーのライブだ。ブルース、ジャズ、ソウル、ロック、ポップと幅広いジャンルに渡る「ブルーボールズ・フェスティバル」には、他にもメイシー・グレイ、モーチーバ、デヴィッド・グレイ、パティ・スミスなど世界中から著名アーティストが集結。KKLやホテルSchweizerhofの屋内コンサートの他に、フィアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン湖)周辺で約120の野外ライブが行われる。約10万人の訪問者が期待される同フェスティバルは、29日までの開催。 Keystone
このコンテンツは 2017/07/24 13:50


このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?