Navigation

中国化工集団が買収したシンジェンタに抗議

26日、バーゼルを拠点とする農薬大手シンジェンタの株主総会の外で、抗議をするグリンピース・バーゼルとマルチウォッチ・バーゼルの活動家。昨年、中国化工集団ケムチャイナによるシンジェンタの430億ドル(約4兆9450億円)の取引が発表された際にも、買収を抗議していた。スイスの多国籍企業の人権侵害を訴えるマルチウォッチによると、「シンジェンタの農薬は、多数の健康被害と深刻な環境被害に繋がる」という。 Keystone



このコンテンツは 2017/06/27 15:00
swissinfo.ch, swissinfo.ch/ts



このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

並べ替える

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。