Navigation

10言語で意見交換
ライフ&高齢化
Jonas Glatthard  専門分野:データ分析、政治、社会、ファクトチェック。 イニシャル:jg

臓器提供 あなたの国からスイスが学ぶべきことは?

臓器提供における同意方式の変更が国民投票で可決されました。今後は拒否の意思を生前に明示した人を除く全員がドナーとみなされることになります。

ただ実現には、まだ長い道のりがあります。施行は早くても2024年。それまでには倫理的、現実的な解決策も見出さなければなりません。

今回の「推定同意方式」は大半の欧州諸国で導入済み。スイスもこの先例から学べることもあるでしょう。あなたの住んでいる国はどうですか?あなたの国では、臓器提供はどのように規定されていますか?スイスがそこから学べることは何かあるでしょうか?

日本語でも書き込みが可能です。みなさんからのご投稿をお待ちしています。

この記事にコメントする

異なる文化の人と議論しましょう。この議論はSWIによって様々な言語で世界で行われています。投稿文は自動翻訳されます。
共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?