Navigation

臓器提供における同意方式の変更が国民投票で可決されました。今後は拒否の意思を生前に明示した人を除く全員がドナーとみなされることになります。

ただ実現には、まだ長い道のりがあります。施行は早くても2024年。それまでには倫理的、現実的な解決策も見出さなければなりません。

今回の「推定同意方式」は大半の欧州諸国で導入済み。スイスもこの先例から学べることもあるでしょう。あなたの住んでいる国はどうですか?あなたの国では、臓器提供はどのように規定されていますか?スイスがそこから学べることは何かあるでしょうか?

日本語でも書き込みが可能です。みなさんからのご投稿をお待ちしています。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

並べ替える

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたお届けします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。