Navigation

脳の中を覗き見る

物事をどのように見るかを調べる神経生物学者。

このコンテンツは 2009/04/03 10:03

イスラエル生まれの神経生物学者アルミット・イシャイ氏は、チューリヒ大学で認知神経科学のアシスタント教授を務めており、視覚認知の神経メカニズムを研究している。視覚処理は、さまざまな領域から送られてくる情報を意識的な知覚に統合するという脳の働きを示すもの。イシャイ氏は、このような大脳皮質神経回路内の接続性をより深く理解しようとしている。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?