Navigation

スイス航空、アルプス上空を巡る特別ツアー

外部リンクへ移動

航空会社スイス・インターナショナル・エアラインズ(SWISS)のバルセロナ発チューリヒ行きの便が15日、乗客に特別サービスを提供した。

機長は着陸前の待機時間を有効活用し、空港まで遠回りすることを決めた。この便に乗っていたラルス・イェンセンさんのフェイスブックへの投稿によると、機長が機内放送で「スイスの絶景をご覧にいれましょう」とアナウンス。アイガー、メンヒ、ユングフラウやマッターホルン、アレッチ氷河の上空を一巡りした。

スイス・インターナショナル・エアラインズの担当者はスイスインフォの取材に「パイロットは航空交通管制局の許可が下りれば、待機中に別のルート(例えば平野部ではなくアルプスの上空)を飛ぶことができる」と明かした。「もちろん安全が最優先。だが、アルプスの上空を飛ぶのは安全面や到着時刻に関して別の場所を飛ぶのと何ら変わらない」

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?