Navigation

極右リーダー射殺される

射殺された極右指導者マルセル・シュトレベル Keystone

スイスで最も悪名高い極右リーダーの1人、マルセル・シュトレベル(51)がベルン州ブルグドルフで射殺された。警察によると、シュトレベルは友人宅を訪問中、友人の息子と口論になり射殺された。

このコンテンツは 2001/07/24 08:13

警察によると、シュトレベルは訪問中の友人宅で友人の息子(31)と口論になった。友人の息子はシュトレベルを射殺した後、自ら警察に通報し逮捕された。発砲にいった状況は未確認だが、政治的な背景はないものという。

シュトレベルは94年の警官二人射殺事件に関与し、99年懲役2年の判決を受けたが服役直前に国外に逃亡、スイス当局に国際手配されていた。が、2000年2月逃亡先のスペインでタイヤをパンクさせて逮捕され、2ヵ月後自分の意思でスイスに帰国し服役した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?