Navigation

巨大なCO₂回収装置

スイスのスタートアップ、クライムワークス(Climeworks)は、大気中の二酸化炭素(CO₂)を回収して「製品化」する世界初の商用プラントを設計した。CO₂を貴重な資源に変えるイノベーションだ。

このコンテンツは 2021/09/15 08:30
Carlo Pisani, Hinwil

チューリヒ州ヒンヴィールのごみ焼却施設の屋上に設置された装置は、2017年6月に稼働を開始した。特殊なフィルターでCO₂を空気中の他の分子と分離して回収することで、大気中の温室効果ガスの削減に貢献している。

全18機のモジュールはそれぞれ年間最大50トンのCO₂を吸収できる。これは1ヘクタールの森林が吸収する量の2倍に相当する。

同社のルイーズ・チャールズ広報部長は、回収したCO₂は近くのビニールハウスにパイプで送られ、野菜の成長を促進する「肥料」になると説明する。その他に、食品・飲料業界、エネルギー分野、自動車業界でも使用が可能だという。

※この動画は2018年11月に配信された英語記事を翻訳したものです。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?