Navigation

マッターホルンで日本人登山客死亡

マッターホルンでの死亡者はここ1カ月で4人目 PHOTOPRESS/MAMMUT/CHRISTIAN GISI

スイスアルプスのマッターホルンの標高約4100メートル地点で14日早朝、日本人の登山客の男性(67)が死亡しているのが見つかった。ヴァレー(ヴァリス)州警察が19日、発表した。

このコンテンツは 2018/07/20 08:07
swissinfo.ch

州警察などによると、男性が倒れていたのは「ヘルンリ稜」と呼ばれるマッターホルンの登山ルート。14日午前5時55分ごろ、山岳ガイドが発見し、航空救助隊エアーツェルマットに通報した。

州警察が原因を調べている。

スイスの無料紙20min.によると、マッターホルンでの死亡者はここ1カ月で4人目。18日には30歳の男女2人がイタリア側のエリアで、6月末にはスペイン人の男性(37)がヘルンリ稜で死亡している。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?