Navigation

対ユーゴスラビア制裁を一部解除

11日スイスは、対ユーゴスラビア制裁の一部を解除した。

このコンテンツは 2000/10/11 11:07

11日スイスは、対ユーゴスラビア制裁の一部を解除した。

連邦政府は、ミロシェビッチ政権崩壊後の対ユーゴスラビア新政策を決定、人道援助を最優先とし、ユーゴスラビアへの投資・輸出信用の解禁等、経済制裁の一部を解除した。

パスカル・クシュパン経済相は、ミロシェビッチ前大統領と側近がスイス国内に保有する資産(総額1億スイスフラン)の凍結は解除しないと明言した。11日の発表によると、凍結資産の保有者は300人から600人に増えた。また、ユーゴスラビアへの武器輸出は解禁されなかった。

スイスは、ユーゴスラビアの国際社会への復帰に協力すると確約、間もなくベルグラードに大使を戻し、中断されていたユーゴ難民の送還も再開する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?