Navigation

国際汚職撲滅キャンペーン

経済協力開発機構(OECD)の国際汚職撲滅キャンペーンにスイスも参加、連邦政府は5月から外国の官僚への贈賄を犯罪とすると決定した。

このコンテンツは 2000/03/31 15:53

経済協力開発機構(OECD)の国際汚職撲滅キャンペーンにスイスも参加、連邦政府は5月から外国の官僚への贈賄を犯罪とすると決定した。

スイスの現行法では、スイスの重役たちに、国内外での贈賄を認めているばかりか、ビジネス契約のためならキックバックも認めている。新法では、スイス官僚の贈収賄への刑罰も重くなる。贈収賄は現行法では最大罰金3年の軽犯罪だが、最大懲役5年となる。出訴期限法は、5年から10年へ延長される。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?