Navigation

反ワクチン派がワクチン行政トップを誘拐?被害者本人が火消し

© Keystone / Gaetan Bally

スイスで先月、保健当局者が誘拐・脅迫された。警察との銃撃戦の末に射殺された容疑者が反ワクチン派だったと報じられ、被害者本人が火消しする騒動に発展した。

このコンテンツは 2022/04/12 13:39
swissinfo.ch/mga

誘拐されたのはスイス連邦ワクチン委員会のクリストフ・ベルガー委員長。3月31日、ドイツ国籍の男(38)に一時拘束され、金銭を要求された。

警察の発表によると、その6日後、チューリヒ近郊のヴァリゼレンで警察がこの男を逮捕しようとした際、男が突然発砲。その場にいた仲間の女性(28)が撃たれた。警察も男に発砲した。2人はいずれもその後死亡が確認された。警察は現場の状況から拳銃を使用せざるを得なかったと説明している。

スイスで銃撃戦が生じるのは珍しく、メディアが大きく取り上げた。裁判所は被害者の名前を公表していなかったが、今月8日、一部メディアが被害者はベルガー氏だと報じた。また、男がワクチン陰謀論者とつながりがあったとの報道も広がった。

ベルガー氏は10日に声明を発表し、自身が被害者であることを明らかにした。

声明によると、男はベルガー氏を1時間にわたり拘束。ベルガー氏に「かなりの」金額を要求し、従わない場合は暴行を加えると脅迫したという。「容疑者の焦点は経済利得に絞られていた。私がワクチン委員会の委員長であることには言及しなかった」。ベルガー氏は男から解放された直後に警察に通報したという。

ベルガー氏は「ワクチン接種の問題が過去2年、大きな感情的・社会的緊張をもたらした」ことを認識していると強調した。警察の捜査中であるため、事件の詳細については公表しないよう助言されたという。

警察はこの事件に関与したとして、34歳のスイス人の男を逮捕。誘拐の詳しい動機について調べている。この男もワクチン陰謀論者だと報じられている。また警察の発砲が適切だったかどうかについても捜査が行われている。

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?