Navigation

※こちらの意見交換の書き込み受付は終了しました。たくさんのご投稿をありがとうございました。他の意見交換ページはこちら他のサイトへからご覧いただけます。2022年5月15日の国民投票結果はこちら


映画文化・映画制作法改正案は、5月15日の国民投票でスイスの有権者に是非が問われる案件の1つです。同案は動画配信サービスに対し、スイスで得た収益の最大4%を、同国の映画・シリーズ番組制作に出資することを義務付けるもの。連邦内務省文化局(BAK/OFC)は、法改正でスイスの映画産業の年間予算が1800万フラン(約22億5千万円)増えると見込んでいます。

今回、中道右派・右派政党の青年部が中心となり、この法律施行に反対するレファレンダムが提起されました。反対派は、スイスの音響・映像プロダクションは既に十分な助成を受けており、民間企業の追加支援は必要ないと主張しています。

読者のみなさんはどのように考えますか?日本語でも書き込みが可能です。ぜひ下のフォームからご意見をお寄せください。





現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

並べ替える

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたお届けします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。