Navigation

初のソーラー飛行

「ソーラー・インパルス」の初飛行。

このコンテンツは 2010/04/07 16:44

2010年4月7日午前10時半、ソーラー・インパルス号がヴォー州ペイエルン ( Payerne ) で初めて空に飛び立った。燃料を使わないため排気ガスを出さず、また昼夜を問わずに飛行する初めての飛行機だ。炭素繊維製で軽量、両翼を合わせるとその長さはエアバスA340にほぼ匹敵する。翼には1万2000枚の太陽電池が備え付けられており、4つの電気エンジンに電気を送り、夜間飛行用のバッテリーを充電する。今回の飛行は約1時間半続いた ( TSR/swissinfo.ch )

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?