Navigation

ワクチンパス、いる?いらない? 動画で説明するスイスの国民投票

スイスでは28日、今春に議会を通過したCOVID-19法改正案の是非が有権者に問われる。今回の国民投票では、新型コロナウイルスのワクチン接種や陰性を示す「COVID証明書」が焦点となる。

このコンテンツは 2021/11/18 10:12

今年3月19日改正のCOVID-19法に反対する3つの市民委員会が7月、必要な数の有効署名を集めてレファレンダムを提起。国民投票の実施が決定した。わずか半年の間に同じ法律を巡って2度も国民投票が行われるのは、スイスの直接民主制の歴史の中でも初めて。

最初のレファレンダム提起を受けて前回6月13日に行われた国民投票では、有権者の賛成60.2%を得て可決された。


現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?