Navigation

メツラー司法・警察相、アルバニア司法相、内務相と会談

アルバニアを訪問中のルス・メツラー司法・警察相は、アルバニアのイリア・パンダ司法相、スパルタク・ポチ内務相と会談、スイス国内のコソボからのアルバニア系難民の返還について2月に協定に調印することに合意した。

このコンテンツは 2000/01/25 17:38

アルバニアを訪問中のルス・メツラー司法・警察相は、アルバニアのイリア・パンダ司法相、スパルタク・ポチ内務相と会談、スイス国内のコソボからのアルバニア系難民の返還について2月に協定に調印することに合意した。

11月のコソボ、12月のマケドニア訪問に続くこのアルバニア訪問で、メツラー司法・警察相は自ら難民の帰還先の状況を視察した。コソボのアルバニア系難民の帰還ルートは、通常プリシュティナに空路で直行するか、マケドニア経由が取られる。アルバニア国内を通る陸路は危険すぎるからだ。

訪問中、メツラー司法・警察相は、スイス連邦難民局が50、000スイスフランを寄付した、アルバニアの僧侶によって運営されている学校を訪問する。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?