Navigation

プーチン大統領の愛人、スイスに滞在中?

グラウビュンデン州サン・モリッツ湖の眺め © Keystone / Christian Beutler

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の愛人と目されるアリーナ・カバエワ氏がスイスで生活しているとの報道が世間を賑わしている。また、新たに対ロ制裁対象となった人物のうち、4人がスイスで暮らしていることが明らかになった。

このコンテンツは 2022/03/22 13:00
swissinfo.ch/ds

連邦司法・警察省はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)のニュース番組「ターゲスシャウ(Tagesschau)他のサイトへ」からの問い合わせに対し、「該当する人物がスイス国内にいることを示す兆候はない」と述べた。新体操の元五輪代表でプーチン大統領の愛人と目されるアリーナ・カバエワ氏がスイス国内に滞在しているとの報道を受けての回答だ。

カバエワ氏は2015年、イタリア語圏のティチーノ州ルガーノ市で女児を出産したと報じられ、スイス国内外のメディアから注目を集めた。当時、女児の父親はプーチン大統領であるとの見方が強かったが、ロシアの報道官はこれを否定していた。

刑法の専門家であるマーク・ピエス氏は、ターゲスシャウ番組内で「スイス当局がこの問題を調査するのは正しいと思う」とコメントし、「これは彼らの個人的な問題ではない。プーチンの愛人が滞在しているかどうかは、スイスにも関係してくることだと思う」と述べた。

またピエス氏は、カバエワ氏がスイス国内に滞在しているのであれば、スイスの評判を落とすことになると指摘。 「スイスは他の場所と同様、ロシアにとって西側世界への入り口のようなものだ。商品取引もあるし、ロシア人がスイス国内の銀行に保有していると言われる2千億フラン(約25兆円)もある。正当化されようとされまいと、スイスがあらゆる人々の避難場所であるという印象はもちろん強まるだろう」と話した。

制裁対象者がスイスに居住

ウクライナでの戦争を受け、連邦政府は16日、ロシアの個人や企業・団体に対する制裁対象を拡大。ロシアとベラルーシのオリガルヒ(新興財閥)や著名な実業家を含む個人197人と9つの企業・団体がリストに追加された。19日付のドイツ語圏日刊紙ターゲス・アンツァイガーによると、新たに制裁対象となったロシア人のうち4人はスイスに住んでいる。同紙によれば、3人は強制送還となる可能性があり、1人はスイス国籍保持者のため保護されている。スイスで11番目の富豪とされる実業家アンドレイ・メルニチェンコ氏も制裁対象の1人だ。

報道によると、制裁対象となった4人がスイス国内のどこに滞在しているかは現在のところ不明。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は19日、スイス・ベルンの反戦デモ集会でオンライン演説を行い、ウクライナ戦争の資金源となっているロシアのオリガルヒにより厳しく対応するように求めた。

ゼレンスキー氏は「街全体が破壊されるとはどういうことか、平和な街が破壊されるとはどういうことか、それを感じられるウクライナ人になってほしい」と呼び掛け、「スイスの美しい街並みを好み、そこで不動産を所有しながらのうのうと暮らす人々の命令で破壊される…。これらの特権を彼らから奪うのは公平なことだろう」と訴えた。

(英語からの翻訳・編集 大野瑠衣子)


このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?