Navigation

スイスの列車、節電のため車内の室温2度引き下げへ

車内室温の引き下げを試験的に開始したSBB Keystone

スイス連邦鉄道(SBB)が9日、省エネ策としてチューリヒ地域を走る一部車両の室温を現行の22度から20度に引き下げる試みを始めた。実施期間は来月9日までで、SBBのウェブサイト上で乗客の意見を募る。

このコンテンツは 2018/01/10 14:38

該当する車両の乗客には周知する。実施地域についてSBBは8日、現在はチューリヒエリアの限られた車両だけだが、結果次第でスイス全域に広げる可能性があるとした。

今回の試みは、スイス連邦政府が支援する環境保全団体「スイスエネルギー」が出したガイドラインに基づくもの。同ガイドラインは、室内の最適温度を20度と定めている。

SBBはチューリヒエリアの全ての車両で車内温度を2度引き下げた場合、節電量は400世帯の年間電力消費量に相当する1.6ギガワット時に上り、コストカットにもつながるとみている。

>>SBB、主要駅で禁煙ゾーン設置を試験的に実施

同鉄道はこのほかにも自動運転車両の導入、「総合モビリティ」といわれる最先端のテクノロジーを駆使した鉄道サービスの提供なども計画。さらに2020年までに人員削減を行う予定。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?