Navigation

スイス、温暖化目標達成できず

スイスは温室効果ガスの排出量を減らすため、具体策を練り直す必要がある © Keystone / Gaetan Bally

スイスは、2020年までの温室効果ガスの排出量削減目標をわずかに達成できなかった。新型コロナウイルスに伴う都市封鎖や暖冬といった追い風も吹いたが、運輸部門の排出量を減らせなかった。 

このコンテンツは 2022/04/13 11:35
swissinfo.ch/mga

スイスは排出量を1990年比で20%削減する目標を掲げていた。連邦環境省は12日、実際の削減量は19%だったと発表他のサイトへした。 

環境省は比較的暖かい冬の間は暖房の使用量が少なく、パンデミック(感染症の世界的流行)で人の移動も急減したと指摘。しかしパンデミックの制限が解除されたことで排出量は再び急増しており、削減に向け「行動しなければならないという圧力は依然として高い」と述べた。 

13~20年に目標を達成したのは産業部門のみで、二酸化炭素(CO₂)換算で排出量を17%削減した。 

政府は、運輸部門が10%の削減目標を達成できなかったことに特に失望を見せた。電気やバイオガスなど代替燃料車が増え、パンデミック中に交通量が大幅に減ったが、車両の排出量は8%しか減らなかった。 

建設部門の排出量は39%減少した。暖冬により家庭に使用される石油・ガスは減ったが、40%の目標をわずかに下回った。環境省は「建物部門はかなり多くの暖房が化石燃料を使っている」と指摘した。 

農業と「その他」部門セクターも目標を下回った。 

スイスの目標は、京都議定書の掲げた13~20年の削減目標の15.8%よりも野心的だった。この間、国内の削減は11%にとどまり、主に国外の持続可能な気候プロジェクトに拠出することで排出量を相殺し、19%まで伸ばした。 

パリ協定の下では、スイスは30年までに排出量を半減し、50年までに実質ゼロを達成する目標を掲げている。だが昨年の国民投票で削減計画を盛り込んだ改正CO₂法が否決され、政府は計画の見直しを余儀なくされている。 

非政府組織(NGO)のスイス気候ストライキは、スイスのCO₂削減努力は「笑える」レベルだとこき下ろした。世界自然保護基金(WWF)は、スイスが特に航空業界での対策を強化する必要があると指摘した。 

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?