Navigation

スイス検察庁、ロ軍による戦争犯罪の証拠集めへ

スイスはウクライナで戦争犯罪が行われた証拠を収集する国の仲間入りをした Copyright 2022 The Associated Press. All Rights Reserved.

スイス連邦検察庁は22日、ウクライナで戦争犯罪が行われた証拠を収集するためのタスクフォースを立ち上げたと発表した。

このコンテンツは 2022/03/23 10:32
swissinfo.ch/mga

連邦検察庁(OAG)によると、同タスクフォースはスイスに到着したウクライナ難民から証拠を集め、オランダ・ハーグにある国際刑事裁判所(ICC)に提出する。

米国のジョー・バイデン大統領は16日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を「戦争犯罪人」と呼んだ。複数の国際機関によると、ロシア軍が戦争犯罪に及んだ証拠は増えてきている。

また、タスクフォースは、スイス人が犯した戦争犯罪を摘発・訴追し、制裁違反を取り締まる経済省を支援する。

OAGは22日の会見で、「必要であればいつでも迅速かつ効率的に行動する用意がある」と述べた。

スイスは現在、欧州連合(EU)の対ロシア制裁に全面的に追随している。

(英語からの翻訳・編集 大野瑠衣子)


このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?