Navigation

スイス政府、ワクチン証明・マスク着用義務を解除

2022年2月17日以降、スイスではバーやレストランに入るためにCOVID証明書を提示する必要がなくなる Keystone / Laurent Gillieron

スイス連邦政府は16日、ワクチン接種などを示す「COVID証明書」の提示義務やマスク着用義務など、新型コロナウイルス感染対策の大半を翌日から解除すると発表した。オミクロン株の流行で感染者数はなお高水準にあるが、医療がひっ迫していないためだ。

このコンテンツは 2022/02/16 15:23
swissinfo.ch/Reuters/Keystone-SDA/sb

「スイスは正常化に向け、決定的で重要な一歩を踏み出している」。同日ベルンで開かれた記者会見で、イグナツィオ・カシス大統領はこう強調した。

swissinfo.ch

連邦政府の発表他のサイトへによると、17日からレストランやバー、スポーツ施設、劇場、コンサートホールなど屋内施設に入るために「COVID証明書」を示す必要がなくなる。同証明書は▽ワクチン接種済み▽感染・回復済み▽検査で陰性だった人に発行されてきた。

国外に旅行するスイス居住者向けに、欧州連合(EU)で通用するCOVID証明書を引き続き発行する。

私的な集まりの人数制限や、大規模イベントの許可制も撤廃される。

マスク着用は学校や小売店、コンサートホール、職場で義務でなくなる。ただし公共交通機関と医療機関では3月末まで義務づけられる。また検査で陽性判定を受けた人に課せられる5日間の隔離義務も3月末まで残る。

連邦政府はこれら2つの義務を維持する理由について、高齢者など重症化しやすい人々を守ることが狙いだと説明した。ただし感染状況がさらに改善すれば、3月末よりも早く解除される可能性がある。

スイス入国者に対する一連の感染対策もなくなる。ワクチン接種や感染、陰性の証明や、入国フォームは不要になる。

即時解除に広範な支持

感染対策の即時解除は、議会や各州政府、関連団体との協議で全ての意見が賛成だったことを踏まえて決めた。各州は必要に応じて国より厳しい措置を維持・導入することができる。

政府は21年10月以降、感染者の急増を受けて感染対策を強化してきたが、オミクロン株の脅威が一服すると段階的に緩和を進めてきた。濃厚接触者の隔離義務や自宅勤務義務は2月3日に解除された。スイス入国者に対する検査や隔離義務も1月下旬に撤廃済みだった。

欧州ではデンマークや英国、フランス、オランダなどがこの数週間で相次ぎコロナ対策を緩和している。スイスもこれに続いた格好だ。

感染者数はピークアウト

スイスでは21年10月中旬から気温の低下に伴い感染者が急増し、同12月以降はオミクロン株の上陸で爆発的に増えた。一時期は1日4万人前後の感染者が出たが次第に落ち着き、2月8日に政府の科学タスクフォースが流行はピークアウトしたとの認識を示した。

15日に発表された新規感染者数は2万1032人。7日間平均でみると前週から25%減少した。

政府は声明で「疫学的状況は引き続き改善している。国民の免疫が高水準に達したおかげで、ウイルスが流行していても医療機関に過大な負荷がかかる可能性は低い」と説明した。「これは社会的・経済的生活をすぐに正常化する条件が整っていることを意味する」と明言した。

保健当局によると、スイスの人口860万人の9割以上がワクチン接種かり患したことで免疫を獲得した。

スイスの新型コロナによる累計死者は1万2200人を超える。ワクチンを2回接種したのは人口の約68%、3回接種は41%だ。

一方、世界保健機関(WHO)は、多くの国でオミクロン株の流行がピークを迎えていないことを踏まえ、制限の解除には慎重を期するよう勧告している。

WHOは15日、東欧の感染者数の急増を注視していると述べた。ロシアやウクライナなど6カ国で感染者数が2週間で倍増している。

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?