Navigation

ホーム

主要カテゴリ

おすすめの記事

アイガー東山稜の初登攀から100年 なお鮮やかな槇有恒の軌跡

このコンテンツは 2021/09/10 今から100年前、1人の小柄な日本人登山家、槇有恒(まきゆうこう)が山岳ガイド3人と共に、ミッテルレギ稜と呼ばれるアイガーの東山稜を初登攀(とうはん)した。その3年後には槇の寄付を元に、東山稜に山小屋が建設された。そのミッテルレギ小屋は増改築を重ねながら、現在も多くの登山家に利用されている。

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?